blog RSS



こうしゅん 香駿

品種の紹介となると、まず頭に浮かぶのがこの品種です。 なんだこの香りの良いお茶は!と、駿河の国(静岡県)で生まれた品種、その名も「こうしゅん 香駿」です。 私がお茶に夢中になり始めたころの、初恋のお茶がこの香駿というお茶でした。茶の葉から立ち上がる香り、口に含ませた時の爽やかで淡い甘み。それは烏龍茶でしたが、すらっと背の高い女性が着物のガウンを着て、月の浮かぶ夜に軽やかに舞っているような、そんな印象を持ちました。と、いうのは過ぎた想像かもしれませんが、私の持つ香駿の印象をご紹介します。       味わいと香り 生産加工の段階からとても華やかな香りが立ちます 白や黄色のお花を思わせる可憐で優しい香り、レモンのような爽やかさ、少しとろっとした柔らかい口当たり、苦みや渋みが比較的少なく、たまにスパイシーさを感じる時も     生産 静岡で生まれた品種ですが、全国の産地で作られています。 茶の葉はすらっと大きく縦に長めで、少し厚みもありました。 緑茶、烏龍茶、紅茶、何の茶種にも合う品種と言われています。normでも烏龍茶、紅茶で選ばせてもらっているので、もしかしたら飲んでいただいたことがあるかもしれません。

続きを読む



norm の秋のお茶

すっかり秋の風が吹き、夏の終わりを感じますね。 norm の秋のお茶を選びました。   烏龍茶、紅茶共に少し発酵がしっかりしたものを。 とろっとした甘みを持ち、青みが弱く、お湯を注いだ時にその甘美な香りに頬が緩んでしまうような、そんなお茶たちです。発酵によって生まれる蜂蜜のような甘い香りもありますが、それだけではなく茶葉の持つキャラクターもしっかり感じられます。   夏は水出しや氷出しでお茶を楽しんでいましたが、季節の変わり目は身体が調節を始めるのか、色々なことに敏感になり、体の冷えを自覚します。 そんな時は、カフェインの少ないほうじ茶や、香りの良い紅茶にアツアツのお湯を注いで香りを立たせ、お茶を淹れる時間で深呼吸を、そして温かいお茶で体を温めます。   norm のお茶で気持ちよく、満ちますように

続きを読む



品種のこと

normでお茶をご紹介する時に、よく「この品種は、」と品種についても触れています。「品種」というのはどの植物(生き物)にもあって、同じ「茶」という認識の中には実は色々な種類があります。 他の植物で考えてみると、例えばお米、コシヒカリやあきたこまち、ありますよね。リンゴだと、ふじりんご、紅玉、ジョナゴールド。種が違えば、キャラクターが違います。     実はお茶も品種による味わいの違いが顕著に現れる農作物のうちの一つです。お茶の味わいを決める要素としてたくさんのものが挙げられますが、品種も大きな要因と言えます。 「ヤブキタ(藪北)」という名前は聞いたことがある人も多いかもしれません。日本で作られているお茶の中で最も多い品種です。その割合、なんと約75%!この品種は非常に育てやすく、気候(霜)にも強い、収穫量も安定していて、その上味も上質、ということで1950年代から全国に普及していきます。 もちろんヤブキタは確かに綺麗な味わいを持つバランスの良い素敵な品種ではあるのですが、あまりにも一つの品種ばかりが育てられてしまっては味わいが似てきてしまいます。他にもたくさんの(登録されているものでも54種類、されてないものも合わせれば100種類以上あるといわれています)品種があるのに、育てられなければなくなってしまうものもありますし、そんな理由は置いておいてもとにかく、品種茶は個性豊かで面白い!のです。人も一緒ですよね、ダイバーシティです!多様性です!   と、いうわけで近年品種茶と呼ばれ、ヤブキタ以外の品種にも注目が集まっています。お茶を飲むとき、選ぶとき、品種を参考にしてみても面白いかと思います。「ん!このお茶好き!」と思ったとき、なんの品種のお茶なのか、ちらっと頭に入れておくと次回お茶を選ぶ時に参考になるかもしれません。       ここではnormの思う品種の味わいについて書いてみます。とはいえ、お茶の味わいを決める要素は他にもたくさんあるので、必ずしもここに書いてある特徴が一致するとは限らないし、絶対的な情報ではないので、ふ〜ん、どんなもんだ?というくらいの気持ちで興味があれば読んでいただければと思います。      

続きを読む



私たちのお茶

こんにちは、norm です。   オンラインでのお茶の販売は5種類だけ。本当はもっともっとたくさんご紹介したいお茶があるのですが、ここでは5種類だけ販売をしています。     日本で作られているお茶は緑茶だけではありません。全体の比率でいえば僅かではありますが、烏龍茶や紅茶などの発酵茶と呼ばれるお茶も作られています。なだらかで静かな、そして体の奥に染みていくような味わいを持ったお茶がたくさんあります。全部を紹介できればいいのですが、まずは飲んでみてほしい、味わってみてほしい、という気持ちで、私はできるだけnormを簡単にすることに努めました。   まずは、なんとなく気になった種類のお茶をぜひ飲んでみてください。そのお茶のことが気になったら、箱の中に入っているお手紙を読んでみてください。それがどんなお茶なのか、少しだけお話ししています。   お茶好きの方も安心してください、とっても綺麗な滋味深いお茶です。意思をもった生産者の方が楽しく丁寧に育てているお茶です。そして、現在計画中のオフラインのお店がオープンしたら、そこにはたくさんの種類のお茶を並べようと思っています。その時は、お好みや気分に合わせてお茶を選ばせてください。

続きを読む